So-net無料ブログ作成
検索選択

東北ドライブ旅⑤~蔵王温泉と念願のお釜 [旅]

秋田から山形への移動は近いようで遠く
予定よりも時間がおしてるな、と思っていたら
山形県に入ると道路事情がグンとよくなり
車線も増えて、まるで高速道路みたいにびゅんびゅんと走って
ちょうどチェックインの時刻に蔵王温泉に到着。

蔵王に来るのは実に5年ぶり→ブログに書いてました
前回のさくらんぼ狩ツアーは一泊で盛りだくさんの内容だったので
今回は蔵王温泉をのんびり堪能することが目的。

リーズナブルな宿を拠点に、湯めぐりをします。
同じグループホテル4館+共同浴場3ヶ所+ホテルの貸切風呂
ぜ~んぶ無料になるプランなのです。
平日だったこともあり、どこへ行ってもほぼ貸切状態。
蔵王温泉の泉質は玉川温泉の次に強い酸性度で
さらに硫黄泉でもあるという「美人の湯」

ホテルごとに違うお風呂をそれぞれ楽しんでみて
やっぱり一番良かったのは「深山荘高見屋」
お風呂は2ヶ所あって、丸い大きな桶の浴槽もよかったけど
内湯の横に木造の階段があり、上ってみると足湯?
さらに上がったところにある引き戸を開けた先に
石造りのお風呂があり、川のせせらぎを聞きながら入るという
その名も「せせらぎの湯」
ひとつひとつの浴槽は小さいので、もし知らない人と一緒だったら
ちょっと落ち着かないかもしれないけれど。
この空間を独り占めできたことが何よりも贅沢な時間でした。


翌朝は共同浴場のひとつ「河原湯」に入ってから出発。
今まで何度か近くまで来たのに、行かれずじまいだった「蔵王のお釜」
天気もよくなってきたし見られるかどうか・・・
Image1852.jpg
わーい! バッチリ見えました。
ぐるりと歩いて高山植物を見たり、ヒバリの歌声に耳を澄ませたり。
階段を少し上がっただけで、なんとそこは刈田岳(標高1,758m)の頂上
Image1857.jpg
なんだか得した気分

お釜でたっぷり時間をとってしまったので、このあとの帰り道は長くつらいものに。
途中、ふくしまの道の駅が広くてきれいで農産物もたくさんあって
Image1858.jpg
新鮮なうえに驚きの安さ。
とてもおいしかったです。


蔵王温泉 深山荘 高見屋 <タカミヤホテルグループ>

蔵王温泉 深山荘 高見屋 <タカミヤホテルグループ>

  • 場所: 山形県山形市蔵王温泉54
  • 特色: 蔵王温泉源泉かけ流しの本物の温泉。九つのお風呂、貸切風呂、露天風呂付き客室も好評です。



蔵王温泉 ホテル ハモンドたかみや

蔵王温泉 ホテル ハモンドたかみや

  • 場所: 山形県山形市蔵王温泉上ノ代94-1
  • 特色: ★☆ 素泊まりからOK ☆★ オトクに蔵王温泉×7つの湯舎めぐり無料♪




共通テーマ:旅行

東北ドライブ旅④~酸性度No.1玉川温泉 [旅]

白神山地でフィトンチッドをたっぷり浴びたあとは
今日の宿泊地・玉川温泉を目指します。
地図で見ると近いようで遠い、約160km

玉川温泉では「自炊部」に宿泊するので
今夜&明朝の食料を調達して、とにかく走ります。
鹿角を過ぎると、けっこうな山道がつづいて
道路脇に目をやると、ブナ林もあちらこちらに見えます。
おぉっ!
玉川温泉に到着。
「あ、外観こんなだったねぇ」
ここも以前、ツーリングで訪れてました。
前回は昼間に立ち寄って日帰り入浴のみ。
夫は、ここの自炊部に泊まりたかったらしい。

「昼間は岩盤浴、夜は温泉に入って自炊して寝る」という
まさに湯治のための宿。
想像していた以上に簡素なつくりの部屋だったので
けっこう衝撃でした。もちろんテレビもありません。
ポットはなくてアルミのやかんがひとつ。
湯のみはあるけど、お茶はなし。

夫は嬉々として温泉を満喫していたようですが
わたしは足湯が一番のんびりできたかな。
なんとなく、ここでは温泉をたのしむというよりは
「真剣に湯治にきています」という人の割合が多そうで
自分にはちょっと場違いな感覚がありました。
(気のせいかもしれないけど)
たぶん、そういう人向けに新玉川温泉があるんだと思いますが
まぁ、今回の旅のプランはすべて夫がコーディネートしているので
夫が満足しているなら、それで良しとしよう!


効能溢れる癒しの湯治宿 玉川温泉

効能溢れる癒しの湯治宿 玉川温泉

  • 場所: 秋田県仙北市田沢湖玉川渋黒沢国有林第3014林班ロ小班
  • 特色: 一昨年春リニューアル「湯治のふるさと」というコンセプトのもと、「湯治宿」としてサービス内容を一新!



日本の山岳温泉リゾート 新玉川温泉

日本の山岳温泉リゾート 新玉川温泉

  • 場所: 秋田県仙北市田沢湖玉川
  • 特色: 強酸性日本一と言われる玉川温泉の源泉をそのまま掛け流し!



タグ:玉川温泉

共通テーマ:旅行

東北ドライブ旅③~白神山地ウォーキング [旅]

東北の旅4日目
いつもより早起きして、朝7時には出発!
今日は夫が一番楽しみにしている玉川温泉に向かう、その前に
まずは白神山地へ寄り道します。

白神山地も以前、ツーリングで訪れたことのある場所。
その時は「ダートが40kmもつづく白神スーパー林道を走る」ということを
目標にしていたため、白神山地ビジターセンターに寄っていながら
とにかく林道を走り抜けて深浦まで出て、満足感にひたっていたのでした。
(現在、深浦に抜ける道は工事中につき天狗峠から先、通行止めです)

今回はブナの森に入って、ブナの木に触れてみたい。
アクアグリーンビレッジANMON(暗門)から先は未舗装。
Image1834.jpg
前日まで雨が降っていたので、ところどころに水溜りあり。
こんなダートを約9km走った先にあるのが津軽峠。
駐車場とトイレもありました。
そして、ここから歩いてすぐ会えるのがマザーツリー!
Image1835.jpg
樹齢:約400年  ブナの大木
根元を守るためにウッドデッキが備え付けてあります。
下から見上げると、こんな感じ
Image1837.jpg
前回、ここを走ったときは何も知らずに素通りしていたんだなぁ。

もう一度、同じ道を9km走ってANMONに戻り
駐車場に車をとめて、ブナ林散策道を歩きますよ。
このコースは世界自然遺産の「緩衝地域」の中に入っていきます。
1時間くらいかけて、のんびりと散策♪
Image1838.jpg
鳥の声しか聞こえない静けさの中、森林浴
途中、水場があり、冷たくておいしい水を飲みました。
とてもシアワセな気持ちになる散策道ですが
気になったことがひとつ。
ブナの幹に名前を彫った傷跡がたくさんあって驚きました。

さて、このあとは玉川温泉に向かいます。
タグ:白神山地
nice!(0)  コメント(0) 

東北ドライブ旅②~さくらんぼとラベンダー [旅]

弘前を拠点に、津軽半島をぐるっと周ってみると
意外と距離があって約240km
トイレ休憩がてら、道の駅に立ち寄ってはおみやげを買ったり食事をしたり。
そんな、なにげなく立ち寄った
「道の駅なみおか・アップルヒル」
まず入り口近くでラベンダーがお出迎え
Image1824.jpg
この景色をガラス越しに見ながら食事ができるレストランに入って
遅めのランチをとったあと
あずきソフトクリームを食べながら、ブラブラしていると
公園の案内看板に
「ラベンダー畑」の文字を発見!
丘の上を目指して歩いていくと
Image1827.jpg
ありました♪
わーい、と写真を撮っていると
もっと上の方まで先に歩いて行った夫が
「オーイ」と呼んでます。
食べたばかりで坂道をぐんぐん歩いて行くのは、けっこうハード。

道の駅にはたくさんの人が訪れていたけど
丘の上まで上がってくる人はあまりいません。
というか、わたしたちしかいなかった。
なんと丘の上にはラベンダーロードがありました
Image1830.jpg
一番上の展望台までずーっとつづくラベンダー
しかも、モッコモコで元気いっぱいの株です。

実は、ラベンダー畑がどこかで見られないかと調べてはいたのですが
ここはヒットしなかったし、とくに宣伝している感じもしません。
だからこそ、思いがけず素敵なラベンダー畑に出会えて感動しました!
ありがとう、アップルヒル☆

弘前市内を走っていると、川沿いにラベンダーが咲いていたり
大通りの分離帯にもラベンダー
西目屋方面に向かう道沿いにも、モッコモコに咲いてて
Image1832.jpg
駐車スペースもあったので停めて、少し歩きました。
なんか、弘前っていいなぁ。

ドライブしていると、りんご畑がずっと続いている中に
ちらほらと、さくらんぼの木も見かけて「さくらんぼ狩」の幟も。
ちょうど今が旬のさくらんぼ。
山形食べるつもりだったけど
ここ青森で思う存分、さくらんぼを食べました。
100g入りで200円とオドロキの安さ、しかも佐藤錦。
ブルーベリーもおいしかった。

道の駅で地元のおばちゃんに声をかけられて
「今、弘前に来ても何もないでしょ? 桜の時季に来ないと」
って言われたけど
いえいえ、さくらんぼとラベンダーを満喫できる今が
私にとってのベストシーズンです^^
nice!(1)  コメント(0) 

東北ドライブ旅① [旅]

少し早めの夏休みをとって一週間かけて東北をまわってきました。
週間予報を見ると、東北の天気はこの先ず~っと雨・雨・雨
予報がはずれるといいなー。

出発した日はくもり。
神奈川→岩手までいっきに高速道路を走って約600km
八幡平のホテルに到着したときは岩手山もバッチリ見えたのに
翌朝からはザーザーとかなり強く雨が降りだして
予定していた八幡平のお花畑トレッキングはパス。
さらに北上して、十和田湖へ向かっても雨が強すぎて
まったく湖面が見えず。
雨の中、弘前に到着して入ったお店が
くら寿司。
「ねー、今わたしたち青森にいるんだよね?」と
思わず確認しちゃったほど。
なんか旅に出てる感じがしません^^

八幡平は前回、ツーリングで来たときに一度目は雨。
二度目でなんとか歩くことができているし
十和田湖は中学校の修学旅行も合わせると、今回で4度目の来訪なので
まぁ雨でも仕方ないか。
と、なんとか気持ちを落ち着かせてみる。

弘前市のお隣、西目屋村の宿に泊まって翌日は津軽半島をぐるっとまわる予定。
とにかく先端を目指す、というのはライダーの習性かな?
下北半島へは10年くらい前に行ったことがあり
薬研温泉でキャンプして、恐山や尻屋崎、大間などをまわっている。
また同じところへも行ってみたいけど
今回は津軽半島「竜飛崎」を目指そう!
バイク雑誌でよく見た国道339号も歩きたい。

翌朝、雨はあがっているものの
北へ向かうほど厚い雲におおわれていて
山道に入ると数メートル先も見えないほどの真っ白い霧にかこまれてしまう。
すれ違う車もなくて心細かったけど、なんとか到着。
Image1814.jpg
切立った崖に咲いている花が美しい。
向こうに見えるはずの北海道はまったく見えません。
霧雨から雨に変わり、寒くてパーカーを着込むほど。
念願の階段国道へは傘をさして
Image1819.jpg
降りていった先は漁港の集落。
さらに歩いていくと太宰治の文学碑があります
Image1821.jpg



八幡平ロイヤルホテル

八幡平ロイヤルホテル

  • 場所: 岩手県八幡平市松尾寄木第一地割590-5
  • 特色: 八幡平国立公園の壮大な大自然に包まれた寛ぎの時間。感動へと続く四季折々の自然美がここに在ります。



タグ:ドライブ

河口湖ハーブフェスティバル2017 [旅]

梅雨の時季のお楽しみ、毎年恒例になりつつある
生田緑地でのホタル鑑賞と河口湖ハーブフェスティバル
ちょうどテレビニュース
「河口湖のラベンダー開花状況がよくない」ということを
ちらっと耳にしましたが、とにかく行ってみました。

開催スタートしてすぐの週末6/17(土)
思っていた以上に深刻な状況でした。
Image1807.jpg
Image1808.jpg

かろうじて咲いている一帯は、植え替えた株でしょうか
Image1809.jpg
Image1810.jpg
がんばって咲こうとしているラベンダー

いつも楽しみにしている、おばあちゃんのお店も閉じたまま。
ラベンダーポプリも買うことができませんでした。
町では枯れた株を植え替えたり、対策はしているようですが
今年は駐車場も工事中で遠いところにとめさせられたり・・・
ちょっと残念な気分。

高速をおりてから会場に向かう途中の道路脇に
たくさん咲いていたラベンダーも今年は少なめでした。
これは公園近くの遊歩道で見かけたもの
Image1811.jpg

以前は湖の中にあった六角堂が陸続きになって歩いて行けるようになった数年前。
今回は当時よりももっと干上がっているように見えました。
Image1806.jpg

雲の上にぽっかりと浮かんで見えた富士山
Image1812.jpg

来年以降、元気に咲いてくれるといいな!
nice!(0)  コメント(0) 

河口湖ハーブフェスティバル2016 [旅]

今年も行ってきました!
河口湖ハーブフェスティバル
八木崎公園は7/10まで、ということで
ギリギリ間に合った~

去年は6月下旬に行ったので、遅咲きのグロッソがまだ咲いていなかったのですが
今年は濃紫3号やオカムラサキが終わりかけで
グロッソが満開でした。
時期をずらして行ってみるのも、また良かったです。

ラベンダー見逃した~、という方には
群馬県にある、たんばらラベンダーパークはいかがでしょうか?
標高の高いところにあるので、これからが見頃です☆


今回も同じお店でラベンダーを買ったら
Image1567.jpg
小さいサイズの花束はオマケに付けてくれました。
300円でこのボリュームです。
前回、ラベンダーバンドル作り方を教えてくれたおばあちゃんに
お礼を言うことができてよかった。


そして、お目当ての松山油脂ブース。
写真撮るの忘れました)
去年のリベンジというか、もし石鹸の量り売りをやっていたら
ぜひ買おう! と思っていたので。
このリーフ&ボタニクスシリーズはリニューアルしていて
ペパーミント石鹸はなくなってしまったらしいのですが
店頭の量り売りにはありました!!
Image1568.jpg
白い紙で包まれた緑色の物体

愛用している洗顔フォームも「ラベンダー」がなくなって
「MEBUKI 芽吹き」というものに一本化されていたので
こちらも2本購入。あと、ハンドソープも。
スタッフの方ともお話ができて、楽しいひとときでした。
ボディソープや石鹸のサンプルもいただいたので
さっそく使ってみよう。





nice!(3)  コメント(2) 

用意周到な人 [旅]

ダイビングクルーズ船を降りた夫から、やっと連絡がきました。
このあとはホテルを移動しながらレンタカーで走りまわるそうで
そのために出発前に国際運転免許証も取りに行っていたのだから
さすが用意周到な人です。

前回のクルーズでもそうだったけど
また今回も乗船していたメンバーは多国籍で、しかも日本人は自分だけ。
若かりし頃、海外放浪の旅に出ているだけあって
こういう状況でも全然困らないところはうらやましい限り。
タイ語も話せるので、欧米人からはタイ人スタッフと間違われたり
通訳を頼まれたりしていたそう。

こちらが心配するまでもなく
一人でう~んと羽をのばして楽しんでいた様子にひと安心。

この寒さからは想像もできないけど
あちらでは毎日、うだるような暑さで
ホテルでもレンタカーでも、とにかくクーラーつけっぱなし。
その暑さ、少し分けてもらいたいくらいだわ~

先日の大雪では通勤電車で大変な目にあったので
もう平日には降らないでほしい・・・。
大遅刻したのも痛かったけど、それ以上に大変だったのは
電車の車内に閉じ込められて換気もできていなくて
とにかく息苦しかった!
nice!(4)  コメント(0) 

念願のアルパカさんとご対面 [旅]

今年は夏がパッと終わって、秋がなが~く感じられますね。
わたしは家でのんびりと過ごすのが好きなのですが
クルマという新しいおもちゃを手に入れた夫に誘われ
ほぼ毎週、どこかに連れ出されるようになりました。

「どこか行きたいところ、ない?」
と聞かれたので
編み物をしながら、思いついて
「アルパカ見たいな。できれば触りたい」
すると、旅のプランや宿の手配もすべて夫がしきってくれるので
ラクではあるけれど、プランとしてはハードな旅。
金曜日、仕事が終わってから出発→宿泊
朝から牧場で遊んで→ショッピング日帰り温泉→帰宅


白くてモフモフしたアルパカはラクダというよりひつじだと思ったけど
実際に見てみると、やっぱりラクダですね。
Image1383.jpg まさおくん

毛刈りをして少しのびてきたかな、という頭でっかちな感じ
Image1384.jpg
ずっと見ていると、重い腰をあげてチョコがやってきた
Image1386.jpg
バニラもこっちに歩き出してきて
仲良く並んでパチリ
Image1387.jpg
かわいいけど、みんななぜか遠巻きに見ているのは
注意書きに「ツバをかけることがあります」と書いてあるからかな。
アルパカが一瞬フーッと鼻息を出したとき
周りにいた数人がザザーッっと後ずさりして半径2mくらいの空白地帯が。
威嚇したわけじゃないと思うんだけど。
ちょっと悲しげな顔に見えてしまった。

アルパカウールって、しっとりしたやわらかさが特徴ですが
ひつじとは違う、ぬめっとした感触
Image1388.jpg
本物にさわることができて大満足

ここ、那須レイクビューは「小さなスイス」というのがテーマだそうで
園内を散歩したり、ボートをこいだり、電車に乗ったり
ジップラインという乗り物で空も飛んじゃいました~
小学生のときに家族旅行で来たことがあったけど
当時よりも今回のほうが数倍楽しめました^^
タグ:アルパカ
nice!(3)  コメント(6) 

四万温泉と中之条ビエンナーレ [旅]

シルバーウィークを利用して、恒例の万座温泉プチ湯治に行ってきて
Image1359.jpg
その翌週に、またまた群馬にやってきました。
はじめての四万温泉です。
今回の旅は湯めぐりだけではなく、ちょうど今開催中の
「中之条ビエンナーレ」という芸術祭も楽しんできました。
旅に出る前に、ガイドブックを読み込んでお勉強
ちょうどテレビの情報番組で紹介されていた
「ジェット二宮金次郎」
Image1366.jpg
こちらが見られるのは伊参(いさま)スタジオという場所
廃校という全体的な雰囲気もよく、教室ひとつひとつに作品があって
今回見た中で一番気に入りました。
Image1368.jpg
普段だったら入れないような場所や立ち寄らないような場所を
ブラブラとお散歩したり、見たり触れたりできるという
体験型の旅としてはなかなか貴重な体験ができて大満足♪


帰りの高速道路で、やっと行くことができた
寄居の星の王子さまPA
最近のSAやPAはどこもキレイになっていますが
ここまでコンセプトがしっかりと徹底されているとは思ってなかった!
星の王子さまグッズがたくさんそろっているショップにお洒落カフェ
トイレごみ箱さえもかわいくて、本当にテーマパークのよう。
Image1370.jpg
ハーブ&ローズガーデンもあって、一人だったら長居したいところ。
とくに目をひいたのは、こちら
Image1369.jpg
バイク乗りの私としましては、このバイク置き場は感動モノです。
nice!(4)  コメント(2)